読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下宿生アタマ。

下宿男子大学生がアタマから漏れでたことを書き残します。

本日のアタマ。(ヒトカラをはじめる)

本日のアタマ。

 

こんにちは。クモミヤです。

ヒトカラ愛好家(自称)の僕が、ヒトカラを始める時の話をなんとなく書こうと思います。

 

初めてのヒトカラは高校2年の2月。地声がデカイ健全な小学生だった僕でしたが、高校生の時はコミュ障ぎみになったせいで会話は小声、腹の底から大声で叫ぶ・歌うことなどほぼありませんでした。当時、大声で話していないことでストレスが徐々に溜まっていたのと、「中学の時思い描いた自分の理想像と現実の自分が違いすぎて」「それを自覚しつつ何らアクションを起こせない自分が許せなくて」若干病んでいた時期でもありました。今思えばかわいい病み方ですが。

その時一度行ってみて味をしめ、以来月1回のペースで、受験期を経て無事大学生になった今もカラオケ屋に通っているのです。

 

さて、ひとりカラオケといえば、「他のお客さんや店員さんに『うわぁ……』的な目で見られる」とか「ひとりでアニソン熱唱中に店員さんが飲み物を運んできて気まずい」とかそんな話をちらほら目にします。

しかし、僕自身そんな経験ありません。他のお客さんや店員さんの視線は気にしていないし、主にジャンカラで熱唱しているため飲み物は基本セルフサービスですから、店員さんの干渉も多くありません。

最初こそビビって「ひとりカラオケの人が多そうで(偏見)知っている人に会わなさそうな」大阪ミナミ・難波のジャンカラまで電車に乗って行きました。しかし特に恐れていた事件も起こらず、わざわざ電車賃をかけるのがアホらしくなり、電車賃のかからない近所のジャンカラに通うようになりました。

 

正直なところ、「冷たい目で見られるんじゃあ……」「なんか恥ずかしい……」という理由でヒトカラを諦めているのはもったいないです。ジャンカラの場合、

ヒトカラ(一人カラオケ)のご利用
ジャンボカラオケ広場では全店にてお1人様のご利用も歓迎しております。実際にお1人でご来店されるお客様も少なからずいらっしゃいますので、どうぞお気軽にご利用ください。ただし、土日祝日やゴールデンウィーク等の繁忙期はご利用人数様による適正規模の空き部屋があるか等の状況により、待ち時間が長くなることもございます。事前にご利用店舗までお電話にてお問い合わせ・ご予約いただければ確実かと思います。

とありますし、常識の範囲内で良識に則った行動を取る限り、何ら不都合はないでしょう。ただ、繁忙期や混雑する時間帯は避けた方が賢明です。自分の経験上、平日の昼間と土曜日の開店直後あたりがオススメです。

 

いずれにせよ、フツーにカラオケを利用する分には、一人だからといって神経質になる必要はないです。二の足を踏んでいてはもったいないです。このブログである程度理論武装を済ませたら、実践してみましょう!

 

では、今回はこの辺で。

ここまでお読みくださりありがとうございました。

(引用元:http://jankara.ne.jp/mm/qa.html#4